国内初!ICOと仮想通貨に直接投資始まる!

今日、日本国内初となったニュースが飛び込んできました!(・ω・)

 

jp.techcrunch.com

 

またCOMSA!?純粋にCOMSA凄い…!

COMSAの記事はこちらからご覧ください<m(__)m>】

ニュースによるとVC(投資を専門に行う会社)『日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)』と『ABBALab』『フィスコ』の3社が仮想通貨とICOトークンへの直接投資を始めたという内容です。仮想通貨に対しての直接投資が国内初なのですね…!

 

直接投資というのは、今回の場合はビットコイン、ネム(NEM)といった仮想通貨やCOMSAのトークンセール(オリジナル仮想通貨の売り出し)で発行されるCMS(COMSAトークンの通貨単位)などを日本円ストレート買いしますよ~ということらしいです。

さらにはこれからCOMSAを使ってICOする予定の企業が発行したトークンも投資する予定とあるので、COMSAのICO案件である『株式会社プレミアムウォーターホールディングス』と『株式会社CAMPFIRE』が今後トークンを発行したらそちらも投資対象になるという。

トーク・・・ICOで資金調達のために企業が発行するオリジナル通貨。

ICOの記事はこちらからご覧ください<m(__)m>

 将来的に企業や会社がCOMSAを通じてICOでの資金調達が当たり前という市場形成を目指すための大きな後ろ盾が出来たんですね。陰ながらではないから後ろ盾ではないのかな…?

 

 

実はICOでの市場形成、問題あるんじゃない?という声も多い。

と言うのも嘘や詐欺も多いから!

それは投資する人たちがICOを実施する企業を信じる方法が

・企業が発行したホワイトペーパー(事業計画書)

ICOを行うことでこういうメリットがある!とPRする事業関係者

 この2点だけだからです。実際に資金を集めるだけ集めてその後音沙汰が無くなってしまった案件も結構あるとか…。これから先、ICOが当たり前の時代が来れば信頼出来る情報の必要性も高まっていくと思うので良い方向へ発展していけば良いなと願います(・ω・)ノ

 

f:id:ktwakaru:20170810140520p:plain

ネム(NEM)もじわじわ伸びていました(・ω・)